適切な仕事を探すために求人サポートを活用する

タクシー求人

工夫次第で給料が変わるタクシー業界のシステム

タクシー会社の給料は年齢やキャリアに関係なく、頑張った方が給料を多くもらえるようになってます。 というのもタクシー会社の給料システムは「低い固定給と歩合制」で、成果主義が強い体制になっているからです。ただ単に沢山の方を乗せればいいかということではなく、お客様の心理や行動パターンを加味した戦術が大事になってきます。いわゆる工夫次第では大きく稼ぐことができる職業なのです。 実際タクシードライバーで年収1000万円の方もいれば、年収300万円に満たない方もいます。 ではどうすれば年収1000万円稼げる戦術を組めるのかというと、稼いでいる方はタクシーを利用するお客様の心理や行動パターンを理解し、仕事に生かしています。 例えば、深夜バスの到着時間や場所を調べその近くで待機していたり、大手会社の社員が多く住む高級マンションを調べ出張に行く時間に合わせて行動するなど工夫を凝らしています。 もしタクシー会社の求人情報をご覧になり、タクシードライバーを目指す方がいれば参考にしていただきたいと思います。

誰もが働きやすい環境作りに取り組むタクシー会社

色々な場所や雑誌でタクシー会社からの求人広告を見かけますが、それには業界の悩みというべき事情があります。 それは、タクシードライバーは日勤だけではなく深夜の勤務もあり、日夜お客様の要望に対してきちんと対応していかなければならず、体力的にも精神的にも強くないと働けない職業です。そんなタクシー業界ですが、一つの取り組みとして障害者の雇用を積極的に行っております。中にはこのようなタクシー業界の厳しい環境の中で約10年勤続年数を積み上げている方もいます。 また、タクシードライバーの中には人工透析を続けながらの方もいれば、上肢が障害をもっており義手を付けて勤務されている方もいます。 これはしっかりとした周りとのコミュニケーションと個々の事情に合わせた勤務シフトが組まれているからです。周りとしっかり話し合い、誰もが働きやすい環境をつくるという企業努力の取り組みなくして実現できません。 もし障害をもった方でも、タクシー会社の求人を見て働きたいと思った方いらっしゃれば相談してみて下さい。